お問い合わせフォーム

LPGハイブリッド車の利点

LPGハイブリッド車にする大きな3つの利点

燃料経費を大幅に削減

LPGハイブリット車を採用することは,非常に大ききな利点があります。LPガス(オートガス)の価格は,レギュラーガソリンの6割程度と非常に安い価格になっていることから,ガソリンからLPガスに切り替えれば燃料費を40パーセントほど少なくすることができます。
 簡単に説明しますと,今現在の燃料費が一年間で100万円かかっているとすると,40万円も削減できる計算になります。

環境に優しい

LPガスは,ブラックカーボンなどの浮遊粒子状物質(SPM)の他にも,大気汚染の原因とされる窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)をほとんど排出しないため,とくに都市部の自動車交通に因る大気汚染防止の最も現実的かつ容易な選択肢として,世界各国の年でLPG車の導入が進められています。

LPG車とガソリン車の二酸化炭素排出量を比較してみると,LPG車の車のほうが約12パーセント程度,少なくなっています。

航続距離が長くなる

LPGハイブリッド車は,LPガスとガソリンの両方の燃料タンクを搭載しているため,同タイプのガソリン車よりも航続距離が長くなります。例えば,容量40リットルのガソリンタンクとLPGタンクを搭載している場合,その航続距離はおおよそ1,000km以上となります。

燃料補給は,LPガスの補給場所であるLPガススタンドで行います。現在,LPガススタンドは,全国都道府県の各主要都市を中心に約1,500ヶ所もありますので,お出かけ先でも心配ありません。万が一,LPガスが無くなったとしても,ガソリンだけでも走行ができるので安心です。

災害時に活躍したLPG車

2011年3月11日 東日本大震災直後

東日本大震災発生直後,東北・関東の被災地域において,製油所の被災による生産量の減少と需要家のパニックに起因する買いだめ等により,主要な自動車燃料であるガソリンと軽油の一時的な供給不安が発生し,特に支援物資等を運搬する物流部門に対し,大きな影響を与えました。

一方,LPガスを燃料とするLPG車については,燃料の供給が相対的に安定しており,タクシーや配送車等にも特に支障なく供給を継続することができたため,大きな混乱は発生しませんでした。震災直後の東北4県におけるタクシーの走行距離は前年比でおよそ1割以上増加し,特に宮城県では130万km(地球約33周分)以上増加するなど,人員・物資輸送の両面でLPG車のタクシーが大いに活躍したことが分かります。

輸送用燃料を特定の燃料だけに依存することは,災害時のセキュリティにとって大きな不安定要因となります。いざという時に備え,自動車用燃料の分散化を促進するためには,普段からLPG車を一定割合で保有するなど,事前の対策が必要です。

TOP